カラコンの色ってどうやってついているの?

カラコンの製造法とは

カラコンの製造法とは カラコンの色ってどうやってついているの、と疑問に思う方も少なくありません。あそこまで小さくて薄い物にどのように着色しているのかなどの製造方法は確かに疑問に思われるかも知れません。特に人体の中でも抵抗力の少ない眼球に直接触れる物ですので、どのように作られたかをしっかりと確認しておかないと心配になってしまう方も多いでしょう。ここ数年で本当に沢山のカラーが登場したカラコンですが、現在主流になっているカラコンの製造方法は大きく分けて二種類の製法があります。

一つ目はキャストモールド製法という製造方法です。このキャストモールド製法は、カラコンだけでなく、一般的なソフトコンタクトレンズに用いられている製造方法です。キャストモールド製法は、レンズの素となる材料を製作するカラコンの着色料と混ぜ、決められた型に流し込みます。その状態で上から圧力をかけ、プレスして固める方法になります。他のカラコンの製造方法と違いレンズを薄く作る事ができますので、目に入れた時に異物感が少なく、装着感が良いのが特長です。レンズをかなり薄く作る事ができますので、酸素の透過性の面でも優れています。デメリットとしては、他のカラコンと比べて非常に薄く作られておりますので破損してしまう可能性が非常に高い為に、丁寧に取り扱わなければいけない所です。その為、キャストモールド製法で作られたカラコンはワンデータイプとして販売されている事が多くなっております。

二つ目のカラコンの製造方法は、サンドイッチ製法という製造法です。このサンドイッチ製法とは、カラコンのように着色した色素を上下二枚のレンズでサンドイッチのように挟み込んで製造する方法です。キャストモールド製法と比較して優れているのは、直接眼球に着色した部位が触れる事はありませんので、眼球が荒れる可能性が少なく安全性は高いと言えます。デメリットとしては、キャストモールド製法が一枚で制作されているのに対して、サンドイッチ製法は、挟み込むように二枚のレンズで製造していますので、厚みがあるため硬い装着感があります。その為、透過性もキャストモールド製法よりも劣りますし、異物感があります。

キャストモールド製法にするのか、サンドイッチ製法にするのかはどちらも一長一短ですのでしっかりと見極めた上で選ぶようにしてください。また、他にもカラコンの疑問点がある為に購入まで踏み込めないという方の為に、初心者が知りたい疑問点をまとめてみましたので、ぜひチェックしてください。

最新投稿